FC2ブログ

Home

すべて私のお茶

2nd Anniversary Pカップ頑張った。

みなさん、こんばんは。
2nd Anniversary Pカップお疲れ様でした。
私は樋口円香ちゃんでPカップに望み、無事3位という結果で終えることが出来ました。

EW1aXvrUcAAYH59.jpg


編成やシーズンの立ち回り等は他の方々が書かれているのとほとんど同じなので
この記事では主に個人的な感想、反省を書いていこうと思います。


・ルールの確認
この記事を読んでいる皆さんならあんまり読む必要のない項目ですが念のため。
今回のPカップは1日のどこかで必ず6時間ファン数が加算されない状態になるリフレッシュタイムが存在します。
一応運営的には寝ないで動くんじゃなくてしっかり寝てくれとかそんな意味でつけてるんじゃないかな。
リフレッシュタイムは日を跨ぐことができ、22:00~翌4:00が設定できます。
18:00~23:59と0:00~5:59を繋げて12時間リフレッシュ!ということも可能です。


・編成、立ち回り
正直普通すぎるので飛ばしていいかなと思いましたが一応書きます。

最初はVoDaの編成を使っていましたが自分では安定しないし考えること多いので2日目にはVi極になっていました。
Vi極の中身はいわゆるハロー三峰+シエスタめぐる。ウチ来るの愛依使っていましたが強いね。

立ち回りに関してはシーズン1、2でメンタル300あればOK!っていう雑な立ち回り。Viは勝手に伸びますしね。
特に考えてないからみんなもそれぐらい雑な立ち回りでいいと思うよ!


・稼働時間
1日目は仕事だったので仕事終わって帰った18:00とか19:00くらいからやり始めました。
20:00から超CUE!&Aがあったので速度と精度は吸われた。内山悠里菜さんが天才すぎるのが悪い。
以後超CUE!&Aには速度と精度は吸われ続けます。仕方ないね。
ちなみに超CUE!&Aってなんだ?と気になるあなたはこちらをチェック!(宣伝)
↓↓↓↓↓↓↓
超CUE!&A ニコニコチャンネル

結局初日は翌18:00までやりました。15:00~18:00の間何もやれてないけど時間だけでいうと27時間稼動ですね。
27時間稼動ですが仕事があったので起きてた時間は37時間です。めっちゃ眠かった。
私の初日のリフレッシュタイムは18:00~23:59と0:00~5:59を繋げていたので12時間は睡眠が取れました。

その後の稼働時間は24時間→21時間→21時間→18時間・・・
と体力のある前半に比重を置き、終盤の稼働負荷を減らしていく作戦を取りました。

結果的に序盤にリード(1位と2位の方には勝てないので4位以下にという意味で・・・)を稼ぐことが出来ましたが
中盤戦はものすごく眠かったです。6日目からは毎日12時頃に1時間~2時間ほど睡眠を取ってました。
徐々に稼働時間が減ったため終盤戦は比較的楽でした。



なぜ樋口円香で?
ここからが本題。というか自分語り。
何から書こうかなって思いましたが何故樋口円香でPカップを頑張ろうと思ったのかというところから。
キャラ好きだけで頑張った方には非常に申し訳ないところなので飛ばして頂いてもかまいません。


もちろん円香も好きなんですが1番の理由はやっぱり中の人である土屋李央さんが好きだったので。
なんかこう書くと円香そこまで好きじゃないんかいって思われるかもしれませんが
僕はオタクなので円香みたいな素直じゃない女の子ってめちゃすこなんですよ。それだけは言っておきたい。
いくら声優が好きでもキャラが嫌いなら僕はそもそもその子でやりません、ガチモンの苦痛になってしまう。


土屋李央さんを知ったのはCUE!からなんですけど、その時初めて声優限界オタクになれた声優が土屋李央さんだったんですよね。
その土屋李央さんが大好きだったシャニマスも来てくれてこれはお祝いしなきゃ!と思ったから今回のPカップは円香で頑張りました。
先に超CUE!&Aで速度と精度は吸われたと書きましたが実況したり、ラジオ投稿しているのは土屋李央さんが木曜日のパーソナリティをだからです。
たぶんパーソナリティじゃなかったらラジオ聞いてないだろうな……。

とまぁかなり僕の思う土屋李央さんを語りすぎましたね。理由はそんな感じです。
改めて土屋李央さん、樋口円香役おめでとうございます。



・ラジオが聞けない!!
正直Pカップ期間中一番頭を抱えた。ラジオといっても超CUE!&Aだけなんですが…
ラジオも聞いてるしお便りも送っていますがPカップ期間中はシャニマスに集中するので、もちろんお便りなんて考えることができません。
ラジオは起きている時間は意地で聞いて、実況していましたが速度も精度も吸われるので聞いていた時間は基本捨ててました。
上にも書いていますがリフレ時間中とラジオが被った場合流石に身体きついので断腸の思いで寝ていました。
実況していなかった日が該当日です、ちなみにこのブログ書いている今もまで聞けてない。

何より細々とお便り投稿して楽しみにしていた連続採用週が途切れたのが悔やまれる。
お便り投稿をそれなりに本気でやり始めてからずっと週のどこかしらで採用され続けてましたが
こんな形で途切れさせてしまうとは思わなかった。数件は送ってますが才能無いのでもちろん不採用でした。名前だけは呼ばれた。



・まとめ
私の感想としてはこんな感じですかね。あれ?ラジオのことばっかり話してね??まぁいいでしょう!
何はともあれ無事久しぶりの色段!Pカップ頑張った甲斐ありました!


最後に10日間通話してたみんなありがとう!Pカップお疲れ様でした!



なたちゃん

















・おまけ
これから書くことはPカップのネガキャンになります。



これは個人的にですが今回のPカップは今までで一番面白く無かったです。
ツイッターを見る余裕もないし、ツイッターを見てもランナーの皆さんはつぶやく余裕も無い。
今までと違いニコ生主たちも正直画面映してやってたら普通に10位以下になるからまともにニコ生も出来ない。
前回のルールよりリフレッシュが1時間も短くなったことで体力的にも辛くなったりと結構心折れた。
眠気をモンエナとかレッドブルとかで誤魔化してたけど飲みすぎで心臓バックバク。
今回実はほぼフルでイベントを走ることが出来ましたが、一応私社会人なので年に2度も3度も10日間も休むの無理です。


それと今回は上位陣と下位の差が顕著にあらわれたと思います。
いくらサポートアイドルが強力になったとはいえ頑張ってフル稼働プラチナ称号!って言ってる人とファン数カンスト!wが居るのは流石におかしいでしょう。
プラチナ2個取りって存在しているのが異常なんですよ、どこぞのイキリ悪魔が2個取りとか最初にしましたがあれは彼なりの警鐘ですからね。
出来る以上問題無しということになってしまいますがなんとかしてもらいたいですよねこの辺。


私からのネガキャンは以上です。

声優ラジオに送るふつおたが書けなくて練習したら周りが変わった話。

最初に断っておきますがこの記事では声優ラジオに送る
ふつおたの書き方を書いている訳ではありません。
なんならただの身内ネタです。
いつも通りただつらつら書きなぐるだけなので多分面白くないです。

みなさん、こんばんは。
何故この記事を書こうとかと思ったのかを最初に説明致します。
私は最近とある声優ラジオにお便りを送るのにハマっています。
そのとある声優ラジオというのが

超CUE!&Aです。

それでは超CUE!&Aとは…と紹介したいところだが
今回は割愛。
気になる方は超CUE!&Aのニコニコチャンネルの貼っておきますので
そこから見てみてください。面白いラジオです。
↓↓↓↓↓↓↓
超CUE!&A ニコニコチャンネル


この超CUE!&Aの放送が始まったのが2019年10月。
それまでの自分は特別声優ラジオを聴きまくったり、お便りを送りまくってるわけではありません。
なんとなーく、暇つぶしでー、とかそんな感じでカーラジオにしてた程度でした。
今でも聴いているラジオはこの超CUE!&Aしかありません。

8月くらいからCUE!というコンテツを知り、10月に職場の部署異動もあり
超CUE!&Aを聴きやすい環境が出来上がってしまったので、聴くようになった。

超CUE!&Aを聴き始めて1ヶ月はテーマメールだけ送っていた。
理由はその日の放送直前にしか内容が分からないので
これならもしかしたら読まれるかも?と思ったから。(そんなことないんですけどね)

そしてもう2つ理由がある
1つはコーナーメールに送れるセンスがない。
大喜利とか普通に苦手だ。
考えついてもあんまり面白くないんだなこれが。悲しい。


ほとんど理由は同じだがもう一つが今回のタイトルにある

「ふつおた」が書けない。

マジで書き方わからん。「声優ラジオ ふつおた」とかで
検索書けて「こうすればいいですよ~」なんてあるけど、それでもわからんかった。
なんなら今でもよく分かってない。

どうしたらいいのか考えた結果私は
まずはふつおたを書く練習をしよう!と考えた。

ただビビリな私は直接送りまくってもなぁと当時は思っていたので
練習するってどうしたらいいものか…

その時Twitterを眺めていたら良いものが目に入った。
「Peing-質問箱-」である。

これで知り合いのオタクにぶん投げまくればよくね?
そこから僕のオタクの質問箱に1ヶ月質問を投げる生活が始まった。


今回私のおもちゃ協力をしてくれたのは
ヘムヘム2号さん←(クリックするとTwitterが開きます。)
ヘムヘム2号の質問箱
※イキリモンスターなので深く見ると気分を害します。

何故彼を選んだのか?理由はいくつかあります。
1つ目、顔見知り
2つ目、反応がいい
3つ目、Discordを通じて会話が出来る。

特に2つ目と3つ目は重要。
ただ単に送ってもつまらないので反応がいい人を選んだ。
そして3つ目は回答が返ってきた後にネタバラシをして感想を聴いていました。


この質問箱で遊び始めたのが2月中旬。
ちなみに最初に送った投稿はこれ。
最初の質問

練習気ないなこれ。
ヘムヘムの質問箱はクソな質問ばかり来ていたので乗った感もある。
最初の頃は自分が投げてもネタバラシをしないで
そのまま回答を見ていた。

・2月終わりから3月初旬
練習したおかげ(?)か「ふつおた」がちらほら採用されるようになった。
ネタ探しって大事だなってこのあたりから実感し始めた。
ヘムヘムは律儀だから送ったものに関しては
きちんと回答していたのでネタバラシをして送ったものの感想を聴いていた。
後から聴いた話によると真面目に考えて送っているのが自分ぐらいだから
他のクソみたいな質問に比べると浮いていると指摘を受けたので
意識してクソ質問を投げるようにし始めた。(最初から投げてた気もするが)


・3月中旬~今
ほぼ毎日質問投げてた。
質問を投げる際に相手にどんな風に返して欲しいか考えながら送るようにしていた。
ちなみにこの考えは今のラジオ投稿に一切役立ってない。
そして温めてネタを先に出されるという自体も発生した。
やっぱりお便り(質問)を書くのは早めがいいなと実感。


1ヶ月続けてどうなった?
1ヶ月オタクに質問送り続けた結果多少は
ふつおたをどう書いたらいいのか分かった気もするし分かってないような気もする。
結局お便りは直接送ったほうが良い(元も子もない)


・本題
ここからが本題。質問箱を送りまくったことで自分だけでなく周りにも変化が起きた。

・ヘムヘムの質問箱が賑わうようになった
自分が質問を送りヘムヘム返信というのを繰り返した結果
ヘムヘムのTwitterは質問箱だらけになった。
そのせいかヘムヘムの質問箱は賑わうようになった。

・自分以外が送る質問の質が良くなった。
ヘムヘムのクソ質問ばかりだった質問箱がたまに良い質問が来るようになった。
もちろん嘘を付いたり自分が別のアカウントで送っているわけではない。

・良い質問(?)が来ると私を疑うようになった。
実はこれが一番面白い。てかそう仕向けた。
こいつイキリモンスターのくせに根が純粋だからコントロールしやすい。
君は今コントロールされて私を疑ってるんだよヘムヘムくん。


以上が質問箱を通じてふつおたを練習したら周りが変わった話です。
長々とクソ記事お読み頂きありがとうございました。

なたちゃん

シャニマスP 麻雀部を紹介する

こんばんは。
最近挨拶の書き出しが「こんばんは」になってしまった私です。

先日Twitterを覗いていたら
「シャニP勢力図を把握するには〇〇勢とかよりだれがどのディスコの常連かを知るのが簡単」(原文まま)
っていうのが見えたので私の所属している「シャニマスP 麻雀部」について語ります。

「シャニマスP 麻雀部」(以下麻雀部)については以前Pカップ駅伝の際にも少し紹介しましたが
Discordのサーバー「シャニマスP 麻雀部」のことです。
「シャニマスP 麻雀部」はサーバーの管理者である山田孝之(本物)が
シャニマスPで麻雀を打ちたいなと思って作られたDiscordサーバーです。(最近は麻雀していないようですが)
現在20名以上所属していますが本当に麻雀をしにきただけという
麻雀部と深く関わらない正しき道を歩んでいる人もいるので
麻雀部所属って言える人は15人くらいですかね。

目次
麻雀部のメンバー
麻雀部の属性
麻雀部の特徴
終わりに



・麻雀部のメンバー


麻雀部のメンバーはシャニマスをニコ生で配信している
いわゆる生主とそのリスナーを中心に構成されています。
その中でも何人かピックアップして紹介します。

・山田孝之(本物)
鯖管。でもほぼ通話に来ないからただの形だけの鯖管。

じゃんみー
麻雀部見たらだいたいこいつが居る。麻雀部の通話のスターターその1。
通話に居たら話題を提供することが多い(シャニマス、CUE!、DIALOGUE+が主)
最近はご存知の通りインフィニティ化しているのでCUE!、DIALOGUE+の話題が多いですかね。
こいつと私の2人がいるとCUE!とDIALOGUE+の話題が無限に続くインフィニティトーク場になる。

なたちゃん
私です。
麻雀部の通話のスターターその2。
麻雀部の侵略者。麻雀部を実質CUE!鯖に変えた男。
じゃんみーのインフィニティ化はこいつのせい。じゃんみーのTO。
最近はCUE!、DIALOGUE+、超CUE!&Aに真剣。

くるりん
麻雀部の通話のスターターその3
麻雀部の通話が始まるのはだいたいくるりんさんが1人で入っているからというパターンが多い。
気づいたら23時ぐらいに寝てるおじいちゃん。
たまに2時ぐらいに「起きてるよ」とだけ反応するBot。

ヘムヘム2号
通話に居たら話題を提供することが多く、数少ない麻雀部の話題提供者の1人。
提供話題はシャニマス(比較的歌姫の話が多いかな)、ご飯など。
Pカップ駅伝もヘムヘムの発言から始まった。
麻雀部ヘイトスピーチ3大巨頭の1つ。

ユウキ(EVE)
事実上の麻雀部の部長。
自由人だらけの麻雀部をまとめられるのこの人しか居ない。ある意味不名誉な称号。



・麻雀部の属性


ちなみに麻雀部には細かい属性がある。こちらもいくつか紹介。

CUE! DIALOGUE+組
主なメンバー:じゃんみー、山口達也、にゃん、ふみ、私
CUE!だけではなくDIALOGUE+も好きな人たち。いっぱいCD買わされてる。
月曜~木曜まで超CUE!&Aを実況してる人たち。

インフィニティ組
主なメンバー:じゃんみー、私
ひたすらCUE!、DIALOGUE+のことを話してる人。こいつらの会話は無限に続く。
翌日も仕事なのに毎日3時ぐらいまで会話してる馬鹿共。

ヘイトスピーチ組
主なメンバー:ヘムヘム2号、山口達也、いちとせ。
ヘイトスピーチとはマイルド言えば毒吐き、悪く言えば悪口大会。
色々な方面にヘイトを撒き散らすトークする。内容はさすがにここでは書けない。

つりクッマ愛好家
主なメンバー:山口達也、じゃんみー、にゃん、ふみ、いちとせ、ねっくす、私
ニコニコ生放送で出来るミニゲーム「つりクッマ」を愛する者たち。
つりクッマ以外にもニコニコ生放送で出来るミニゲームはよくやってる。
つりっくまに慈悲はない。

お料理教室
主なメンバー:あまぱん、久住、ちりあくた、ヘムヘム2号
"あの"あまぱん率いるお料理教室は実は麻雀部の下部組織。
つまりPカップ駅伝の優勝は麻雀部である。

スヤスヤ組
主なメンバー:くるりん、にゃん、ヘムヘム2号、ユウキ(EVE)
通話には居るけどスヤスヤ寝てる人たち。
ラジオにするとかいって通話つないだまま寝たりすることも。
麻雀部の滞在時間No.1の勢力。


・麻雀部の特徴


挨拶が独特
麻雀部の通話入、寝るなどの挨拶はすべて「まなつ」
元ネタはCUE!やDIALOGUE+のメンバー村上まなつさんのサインが
つりクッマに似てたことから、ただそれだけ。

イキリが多い
Pカップ1位やグレフェス1位が多いため身内向けにイキリが多い。

老害
"あの"いちとせ筆頭に「あの頃は…」とシャニマスの過去にすがる者たちが多い。

麻雀をやらない
チンチン伸ばし(カタソ)、ドミニオンなど鯖内で流行りのゲームはやるが麻雀はやらない。
ちなみに四川省はやる。


・終わりに


簡単にですが麻雀部を紹介させて頂きました。
きちんとお読みいただいた方には分かりますがシャニマス要素と麻雀要素薄いですよね…
でもなんだかんだいってこいつらちゃんとシャニマスやってますからね
グレフェスの順位やPカップを見て頂ければだいたい分かるかと。
このブログを見て他のシャニマス勢力がブログ書いてくれることを期待しています。


なたちゃん

Pカップ駅伝 感想戦 ~麻雀部 EXスキル事情編~ と駅伝の総合的な反省

こちらの記事は一応続きの記事になります。
前の記事を踏まえてお読みいただくとより楽しめるかと思います。
→→→→前記事 Pカップ駅伝 感想戦 ~麻雀部 編成編~


この記事ではチーム麻雀部の編成のEXスキルを紹介していきます。
ただこの記事では立ち回りについてはほとんど触れないのでEX事情という点だけ。
中身はかなり薄いです。役立つか分かりませんが今後のPカップや歌姫周回に役立てて頂ければと思います。
私以外の人の付いているEXは聞いたのではなく予想なので間違っているかもしれません。
例によって長文です。ご了承ください。


・山口達也の編成とEX

まずは達也の編成を振り返ります。
正直達也のブログを読んだほうが速い気はしますが一応振り返ります。
達也1
達也3
達也2

EXはグレフェス用編成をそのまま流用したものになります。
本番のPカップでもないし、スポイトも売らないからからそりゃそうだ。
正直グレフェス用EXなのでこれといったコメントはないです、割愛。


・なたちゃんの編成とEX
なた1
なた2
なた3

・智代子
SPをかなり稼げる編成なのでSP初期値はもしかしたら要らなかったかもしれません。
練習時からSPって結構余ってたんだよね。

・駅真乃
グレフェス用でも編成に使いますがあまり同じところに居てほしくないのでPカップ用のEXのままです。
DaViのUPをつけています、まぁ手持ちのEX的にこれし付けられなかったという感じ。

・スリープ樹里
樹里はラジオでこのあと紹介する月刊夏葉だったり
ラジオに居ることでメンタルとSP両方稼げるのでラジオ滞在付けてます。
DaUP?なんとなくです。正直ラジオ滞在銅でも良かった。
でも実は銅すら持ってない。銅くらい出るまでやれよって?すいません…

・四畳半結華
トーク滞在を付けています。今回の立ち回りが育成しながらだったので
グレフェスで使っているものをそのまま流用。
体感だけど結構トークに居てくれる神、さすが俺の担当。

・常夏凛世
火力とユニマス枠なのでDaUPを付けました。足りない部分はALLで代用。

・月刊夏葉
上記の理由でラジオ滞在3つ。銀3つになるように多少は足掻いたけどそんな甘くはなかった。


・いちとせの編成とEX
いちとせ1
いちとせ2
いちとせ3

・恋鐘
編成的にSPもメンタルものきついので初期値UP、妥当。

・デタラメ摩美々
火力枠。ViUPつけた。

・サンシャインシエスタめぐる
付けるものなかった。ついてるのがメンタルUPと初期絆の銅。
この辺が麻雀部らしさが出てていいと思います。

・署長灯織
火力枠その2。ViUPになるものつけた。

・ふれんど凛世
火力枠兼火力底上げ枠なのでViUP付けてる。
虹EX付いてる、それだけで麻雀部内では最強のEX付いてる、いちとせ再強か???

・公園果穂
トーク滞在はおそらく育成するのでトーク踏んだ際にDaが伸びればってところでしょうか。
DaViUPはよく分からないゲスト枠だよなこれ…?普段の使いまわしだろうから普段の周回は中に入れてるのかな?他にいいEXが無かったのかもしれん。
サポイベUPはSP足りないしゲストだしいいと思います。


・山田孝之(本物)の編成とEX
やまたか1
やまたか2
やまたか3

・冬優子
メンタル初期値UP銅×3。SPは階段灯織があるしそこで稼げるのでSPは外したのでしょう。
銅×3なあたり麻雀部らしさが出てて好印象。
ちなみに3枠目は駅伝待機中裏でこっそりやって開いた。

・タコ千雪
Viの火力枠としてViUPを3積み。
個人的には雑誌滞在×3の方がいいんでは?と思ったけど中に居るしどっちがいいのか分からん。
てかそもそも雑誌滞在銀3つも並べられない説。

・ハロー三峰
ViやDaViUPはまぁ理解できる。ラジオ滞在って要るか????理由は後述

・ハッピー甘奈
火力枠。てきとーにあるViUPつけた。せめて銀くらい付けられなかったのか。
しかし銅×3という麻雀部らしさが出てて好印象。この辺で他の奴らと差を付けていけ。

・階段灯織
Lv64なので2枠まで。初期絆×2。
何故Lv64なのか?雑誌連打なのでトラガ発生によるタイムロス抑制のためっぽいが
正直結構「?」浮かぶ。理由は後述。



・やまたかのEXと階段灯織について
先程のEX紹介にてハロー三峰のEXと階段灯織に触れました。
ここからは私の考えです、立ち回りについても少し触れます。
正直私もエアプもエアプなので間違っていたらコメントでもいいので指摘して頂けると助かります。

今回やまたかは雑誌連打という戦法のもと編成を組んでおります。
その中で三峰が居るタイミングでラジオを踏むためにラジオ滞在を付けていると思いますが
このラジオを踏むのって雑誌連打なら有っても1回ぐらいしかない気がする。
シーズン2で踏む場合ある程度トラブル率も高くなった状態で踏むので結構リスクが有る。
それに加えやまたかは約束を踏みに行くこともしています。
そこで階段灯織のLv64。
約束を踏んだ上にラジオ踏むとトラブル率が上がった状態で雑誌踏む可能性も出てきます。
実際シーズン2最終週ファン数が1万に達してない状態で
トラブル率8%で雑誌を踏みに行っています。ここでトラブってたらシーズン終了です。
階段灯織のLvが65であればトラガもLv5になり、少なくともトラブルも抑制出来るので
どうせラジオを踏むのであればLv65以上で良かったんじゃ?と思っています。
これはそもそもの話になりますがこれは雑誌連打編成です。
ラジオ踏んだ上に約束を守りに行くと雑誌連打のメリットであるシーズン2オデスキップが達成できない可能性があります。
実際雑誌連打にも関わらずシーズン2でオーディションを受けています。
雑誌連打のメリットが失われているので三峰のラジオ滞在や灯織のLv64には私は疑問が残りました。
ちなみにこの記事書いている時点で理由を本人にまだ聞いてないです。
この疑問について指摘があればコメント残してくださると助かります。


・麻雀部としてのEXスキルの反省
上記のやまたかのEXや立ち回りについてはLv70前提で考えていたこと
ラジオや約束を踏む立ち回りについてはチーム麻雀部内で
一緒に考えていなかったので当日や終了後に知りました。
自分の中の常識やPカップ駅伝に対する詰めの甘さが出てしまいましたね。
銅EXがいっぱい付いているのは麻雀部らしいですね。
私自身もPカップ駅伝が告知されてから6000万ほどしかファン数を稼いで居ないのですし
銅EXが平然と付いているので人のことは言えませんね。


・Pカップ駅伝としての反省
これは自分の感じた次回開催に向けたPカップ駅伝の反省。
今回のPカップ駅伝の成功で次回が開催あった場合今回より多くの人が参加表明をするかと思います。
流石に10チームも管理できなので予選会とかも開かれるかもしれません。
予選会とか開かれたら間違いなく自分は敗退するだろうな。
予選会は900万ではなく500万とかでやるのだろうか?てきとーに案だけ出しておく。
今回集計等裏方が2人だったので予選会やるならスタッフの増員も間違いなく必要になるところは考えどころ。

今回は山期間ではないということと仮に被ってしまっても山禁止というルールでしたが
山期間と被ってしまった場合チームの誰かが1回だけ山に登ってもいいというルールとか
チームで1回だけ救済措置として200万以下を叩いた場合山に挑戦してもいい権利を与えるとか
そんなのもありかもしれません。

アイテムの営業で入手できるものに絞ったのは良かったですね。
ここで差が付いてしまうのも面白くないですしね。
準備期間も短かったので仕方ない部分もあります。

結果的に麻雀部は前とかなりの差が出てしまい罰走みたいな感じになりましたが
ゲストのタイミングやねっくすさんの話の回しやすさという点では
貢献していたのかもしれません。
みんなが同時に終わっていたりしたらゲストを呼ぶタイミングや
話題自体もすぐに尽きてしまいますしね。
遅いチームがあったり終わるタイミングがバラバラというのはある意味良かったポイントかも知れませんね。

実況のねっくすさんの喋りがうますぎて代わり居ない説。
次回やるとしてもねっくすさん以外誰も出来ないのでは?
てか統括をしていたユウキ(EVE)さんもとても上手く統括しており
次回もたユウキ(EVE)さん出ないとイベント回らないのでは?
それだけこの2人は素晴らしいということ。感謝感謝。


私個人として麻雀部の配信担当をしておりましたが
Pカップ駅伝終了後はテロップ係をしていました。
正直このテロップ係が個人的にかなり楽しかった。
チームニコ生の配信では「こいつ絶対駅伝より楽しんでるだろw」とか言われてましたが
はい、そのとおりでございます。やりたい放題出来てめちゃくちゃ楽しかったw
DIALOGUE+の宣伝も出来たしね!

お便り投げつけるのも楽しかったです、お便り読まれるのってやっぱり嬉しいよね。
お便りの始まりがお昼開催なのに「こんばんは。」で始まっているのは
いつも送っている声優ラジオが夜だからである。ここだけの秘密な。
次回開催があればお便り係で行きたいのも少しある。


ついでに1つ読まれなかったお便りを供養しておきます。
お便り
この知り合いはいったいどこの「じ○○みー」なんだ…
ちなみにこのメールは送った。


皆さんはPカップ駅伝はいかがでしたか?
かなり身内色が強いユーザー企画ではあったものの予想以上の盛り上がりで正直驚いております。
次回開催があるかどうかは分かりません。
皆さんが望めばまた開催があるかもしれません。
これは他のことにも言えることなのですがどんどん声にして頂ければ
次回開催の参考にもなりますし運営側のモチベーションにも繋がります。
TwitterのPカップ駅伝のタグにでも感想をつぶやいて頂ければと存じます。

なんか運営みたいな終わりなってしましましたが
改めてPカップ駅伝をご視聴いただきありがとうございました。


シャニマスP 麻雀部    なたちゃん

Pカップ駅伝 感想戦 ~麻雀部 編成編~

・はじめに
2月9日に行われたPカップ駅伝こと
非公式Pカップ駅伝をご視聴いただきありがとうございました。
並びに参加したランナー、関係者の皆さんお疲れ様でした。

こちらの記事はPカップ駅伝の「やまたかファンクラブ(チーム麻雀部)」の感想記事になっています。
結果の感想というよりかは編成の経緯など裏話感が強い記事です。
長文となっていることご了承ください。

チーム麻雀部のメンツの前情報ついては以下の記事に書いておりますので
合わせてお読み頂ければ→→
チーム紹介の記事


結果のご報告

4位 やまたかファンクラブ
タイム:7:43:01

チーム麻雀部の結果はご存知の通り3位と1時間以上も離された圧倒的最下位となりました。
まぁ下馬評どおりですね、正直最初から読めた展開でした。


編成準備
最初にチーム麻雀部の出走順と編成を振り返ります。

編成案1
第一走者:山口達也(以下達也)
第二走者:なたちゃん
第三走者:いちとせ
第四走者:山田孝之(本物)(以下やまたか)

詳しい編成を紹介をする前にナゼこの編成に至ったのか、麻雀部のチーム事情からお話します。
チーム麻雀部はPカップ駅伝の企画が麻雀部内で上がった際に
必ず成功させたいという意見、チーム数が少数だと寂しい意見の元数合わせのチームとして
麻雀部で参加できそうな暇人で構成されました。
麻雀部は私以外ガチャ更新の度にガッツリ課金するというのではなく
欲しいカードが来た際にほどほどに課金するというメンバーで構成されていた関係上
チーム全体のカードプールがとても狭く編成にはとても苦労しました。
特にチームリーダーのやまたかのカードプールは目も当てられない状況で
2極はもちろんのこと、Da極なんて到底組めるような状況ではありませんでした。
いちとせさんもやまたか程壊滅的ではないものの、所持カードが少なく
また少しでもいい勝負が出来るように(やる気の問題込みで)達也の編成に
力を入れた関係で使えるカードはどんどん狭くなりました。

以上の事から編成を考えるにあたって
・達也が230万を出せる編成を作る為欲しいカードをすべて渡す。(忖度)
・やまたかが組める編成はVi特化雑誌連打。
を重視した。

そうして考えた最初の編成案がこちら。
unknown (1)

※編成は案は欲しいカードをただ並べただけです。
達也が欲しいカードはほぼ本番通り、いちとせさんがDa特化限智世子編成。
やまたかが雑誌連打出来るようにハロ峰、タコ千雪、サンシャインシエスタを編成。
いちとせさんのオデマス灯織は星階段どっちでもOKという意味。
私は3人が選んだ上で被ってないカードから捻り出した編成。

見てわかる通り熱血指導夏葉と四段甜花が仮組みの段階で被った。
話し合い()の結果両カードは共に達也へ渡った。
代替カードというか本来入れたいところの四畳半や駅真乃をいちとせさんは持っていない。
この2枚が達也に行ったことでいちとせさんの編成が事実上の崩壊。
麻雀部全体のカードプールの狭さの悲しいところである。

ただ都合のいいことにいちとせさんの限定智代子の編成はほぼ私の手持ちでは再現可能だったので
麻雀部の手持ちの中では理想に近い形の限定智代子の編成が組めた。
ここまで言えば分かると思うが私の編成は忖度で強く組んだのではなく
周りが限定カード持ってなさすぎて結果的に組めた編成である、複雑だね…。
星灯織を達也が持っていた関係で階段灯織を使えたのだが
やまたかないしこのあと組むいちとせさんの別編成のSP問題解決のために月刊を採用し
四畳半、スリープ樹里のユニマスSPと月刊のラジますSPでSPを確保する戦法を取りました。

雑誌連打をするということで最終的に階段灯織はやまたかに渡し
いちとせさんの編成が酷いことになるのでサンシャインシエスタを外しました。
いちとせさんは本番で良い結果になりましたが流行運が良かったという点が大きく
正直いちとせさんは余ったカードより捻り出した編成でした。


出走順について

あまり深くは考えていませんでした。
やまたかはリーダーなのでアンカー固定で
入力フォームを入れたい人から順に入れて行った結果がそのままという感じです。
最初は達也→いちとせ→私→やまたか の順でしたが
私がいい編成を貰ったので2番目に出走で3番目にいちとせさんという形にしました。
うまく行けば達也と私でリード出来ればいいなと思ってました。


・立ち回りについて
正直深く考えてないです。自分なりに多少練習して目指すべきステータスになったら
GOという感覚だけでやっていました。その結果本番はかなり下振れ引きまくってズタボロでしたね。
それ以外は特に無いです。マジで


・個人反省点
私個人の反省点から。
2周目のメン死は完全に防げました。
その上安定を取って早期決着をしてればよかったものの
焦ってノーマル連打して殴っていったのでメンタルを見ておらず
気づいたときにはメンタルブレイクしていました。
4周目はみんなに見られながら罰走感がとても強く
はよ終われとしか思っておらず、完全に心折れてましたね。
つりクッマについては何を思ったのかリザルトで終わりっ!となって
ウキウキでつりクッマしてました。40秒ぐらいのロスかな、申し訳ない。


・一番の反省点
事前に「麻雀部、見所なし!」とも言われており私と達也で
ワンチャン狙って見返すぜとか思ってましたがまぁ見ての通りの結果です。
これは正直一番の反省点の話になりますが達也の配信環境把握をしていなかったことです。
達也の配信環境の確認を2月8日、つまり前日に確認をしました。
まぁあまり気になるほどでもないか?と思っていましたがめちゃくちゃ甘かったです。
DASH島配信と言われたように一周が27分近くかかり
私にバトンが渡った時点で前と25分差とまる1周離れており
最初の1人の時点で麻雀部は置いてきぼりにされてしまいました。
私が第一走者だったらまだマシな差で2人に突入は出来たかもしれません。
しかし私が第一走者だったらおそらくメンタル的にミスしまくってダメだったでしょうね。
どちらにせよ麻雀部が早々に優勝戦線から離脱してしまったことについては
最大の反省点として捉えなければならないです。



・余談、個人的感想
麻雀部の実情は以上となります。ここからは余談や個人的感想です。
今回のPカップ駅伝本会場で私はゲストとして出演はしておりません。
(正直呼ばれてもあんまり話すことがなかったので…)
ただ別の形で他の人より一番多く出演させて頂きました。
別の形というのは見ていた方々は分かるかと思いますがお便りです。
こちらは非公式Pカップ駅伝広報部(@ekiden_p)で公開されている質問箱を通じて投稿しておりました。
前々から私はこういったお便りを書くのが好きで今回も話の繋になればと思い投稿させて頂いてました。
お便りは事前に4通、本番に3通お送りし、4通のお読み頂きました。
読まれなかった3件はクソお便りなのと時間の都合でボツになったものです。
お便りについては正直内容の質についてはあまりいいとは思えないですが少しでも面白いと思って頂ければ嬉しいです。


・最後に
Pカップ駅伝の成功はランナーやリスナーからのコメントはもちろんですが
実況をやっていただいたねっくすさんの存在が大きいと思います。
ねっくすさんのトーク力、インタビュー力がすごく
リスナーが聴いて欲しいことなどランナーのコメントの引き出し方がとても上手く
ランナーも非常に喋りやすい環境が作られていたかと思います。
また裏方で運営をしておりましたユウキ(EVE)さんやtenさんの存在も大きかったです。
この3人が居なければPカップ駅伝の成功は絶対にありえません。
この記事を読んでいただいている方からも3名へ賛辞をお贈りください。





・本当の最後
麻雀部は見所なしと頂いておりましたが、麻雀部は最後の最後で見せ場を作っております。
証拠をご覧ください!

麻雀部最強!

最後に勝った麻雀部の勝利ということで!
麻雀部が最強なんだ!




大きなトラブルもなく無事Pカップ駅伝が終わったこと嬉しく思います。
第二回があるかどうかは分かりませんが
もしあった場合今回と同じ、いやもっと盛り上がったもの出来ればと思います。



シャニマスP麻雀部 なたちゃん

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
        
Feeds

Page Top